この手、ココノテ。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 辻 恵子 展 supported by 小さな街 | main | 2階補修計画、その2 >>
2階補修計画

ココノテでつかいたい!と思っていたyutorico.店舗の2階。
しかし結構床が傾いていて、まずはそれを直そうと話をして1年。補修に使えそうな床材をいただいてきて2階に運び込んで、さらに1年以上。
2年以上の月日がたって、ようやく補修に取り掛かっております。

まずは掃除と今後の進め方について決めることろから始めました。
床をはがして床下から補修…となると大掛かりでお金もかかります。
床がどれだけ高低差があるかチェックをして、それを補正するような下地材をおき、それにもらっていた床材を置いて応急処置的な感じで対応しようということになりました。

そして本日は床のレベルを測定してきました。



こんな機械ではかります。レベルロボというこの機械、なんとレーザービームを出すんですよ!



こんな感じに赤いビームが壁にうつりまして、床からこの赤い線までの高さを測ってレベルを置いた基準からどれだけ高さが違うのか?というのを測定します。



結果を書き込んだ紙。
紙の右の方、黒い丸のところにレベルをおきました。レーザー光が出る高さは床から9.5cmのところ。
一番高いところで床からレーザー光までが9cm、一番さがっているところでは床からレーザー光までの高さが18cmですから、高低差は9cmということになります。
部屋は6畳ほどの広さですから、相当な傾きです。



最後にこれから床を敷く作業をするのにもらってきた床材が邪魔になるので由利さんが即席で片持ち梁や木箱、先日もらってきた掘りごたつのやぐらなどを使って上にあげて今日の作業は完了。

9月15、16日のイベントに間に合うように頑張りましょう、えいえいおう!!

スポンサーサイト